-arms-生まれた時と同じ身長と体重で作るテディベア★オーダーメイドベア★ピュアホワイト
ELLE プチギフトビブ キャップ パンツの3点セット(ネイビー)RUSSbabyのエンジェルクリップ付き

出産について

出産の際の安産祈願として、
一般的に妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に、
腹帯を巻く風習がありますが、
これには2つの効果があると言われていて、
1つ目は、大きくなったおなかが動かないように、
固定され楽になること。

また、うまくバランスがとれるようになり、
おなかの赤ちゃんへの衝撃をやわらげることもできます。

2つ目は、おなかを冷やさない効果です。

最近は、昔ながらの腹帯だけではなく、
コルセットタイプや、ガードルタイプも出ていますよ!



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。

腹帯を巻き、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、
妊婦さんが、安産祈願をする風習が、
日本には古くからあります。

でもなぜ戌の日なのか?
犬と何か関係があるのか?
腹帯の正しい巻き方があるの?
など、あれこれ出産にまつわる疑問が残ります。

そもそも、12日に1度「戌(いぬ)の日」があります。
たくさん子を産み、そのうえ、
お産が軽い犬は、
昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。

それにあやかり、
12日に1度訪れる戌の日に、
ママと赤ちゃんの出産の無事を願い、
安産祈願を行うようにようになったと言われています。

また、犬は外敵から人を守ってくれるシンボルとも考えられ、
あらゆる魔物から赤ちゃんを守ってくれる、
そんな呪術的な意味もあるそうです。

皇室においても、出産の際に、
安産を願う帯祝いが行われています。
妊娠5ヶ月目の最初の大安の日に帯の御祓いをし、
戌の日に「内着帯の儀」が行われます。
そして、9ヶ月目の戌の日に「帯祝い」と同様に、
安産を願う儀式「着帯の儀」が執り行われるそうです。

「帯祝い」は、戌の日に腹帯(岩田帯)をおなかに巻く習わしを言います。
地方によっては「酉の日」に帯祝いを行ったり、
5ヶ月目ではなく、3、6、7、9ヶ月目に行うなど、
時代や地域によって、
出産にまつわる風習や習慣にも違いがありますが、
安産を願う気持ちは昔も今も変わらないようです。



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。
出産のおしるしとは、
子宮口が少し開き、卵膜がはがれて少量出血することです。

おしるしから、陣痛開始までの時間はまちまちで、
直ちに入院とは限りませんが、
出血に気づいたら、
おしるしではなく、心配な出血の場合もあるので、
ほうっておかないで、必ず病院へ連絡をしてくださいね!



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。
出産に伴う破水とは、
赤ちゃんを包む卵膜が破れて、
羊水が流れ出る事です。

普通破水は、お産が進んでから起きますが、
陣痛開始前に起こることもあります。

また、破水するとまもなく陣痛が始まるので、
すぐに入院してください。



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。
出産とは切っても切れない関係の陣痛は、
赤ちゃんを押し出すために、
子宮が収縮する時の痛みです。

最初は30〜40分おきに痛み、
約5〜6時間後に10分おきの陣痛になります。

10分おきの規則的な陣痛が、
お産開始の合図なので、
病院に電話をして、入院をしてくださいね!
(経産婦は15分おきです)。



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。