-arms-生まれた時と同じ身長と体重で作るテディベア★オーダーメイドベア★ピュアホワイト
ELLE プチギフトビブ キャップ パンツの3点セット(ネイビー)RUSSbabyのエンジェルクリップ付き
トップページ出産後について出産後の生理的変化。

出産後について

出産後に気になる、生理的変化をまとめました。

体温
 出産後1〜2日はやや高めの体温のこともありますが、
 その後平熱に戻ります。
 また、乳房が張ってくると、微熱がみられることもありますが、
 37.5℃を超える時は相談しましょう。

脈拍
 分娩直後にやや早くなりますが、
 疲労が回復すると普段の状態に戻ります。

血圧
 分娩時一過性に高くなりますが、
 徐々に下がり普段の血圧かやや低くなります。

呼吸
 呼吸数の変化はみられません。

尿
 分娩後子宮が収縮し圧迫がとれると、
 腎臓が活発に働き尿量は増えることがあります。
 また、分娩時のあかちゃんの頭の圧迫により、
 一過性の膀胱神経麻痺を起こし、
 尿が出にくいこともありますが、
 多くの場合、24時間以内に回復します。
 その他、分娩時に膀胱を圧迫したために尿が濁ったり、
 軽度の蛋白尿を認めることもあります。

便通
 分娩後数日は食欲がなかったり、
 腹壁の緊張もゆるんでいるため腸の動きもにぶく、
 便秘になりやすい状態にあります。

体重
 分娩直後あかちゃんや胎盤、
 羊水が体外に排出されるため、約5圓らい減少します。
 その後も、悪露の排出、尿量の増加、
 発汗や母乳分泌もあり徐々に減少します。
 しかし、その後次第に体重の減り方は緩慢になり、
 産褥4〜6週目にはほぼ一定の体重になります。

腹壁
 妊娠によって伸びきった腹壁の緊張は徐々に回復しますが、
 完全にもとに戻ることはなく、ゆるんだ状態になります。
 また、妊娠中にできた妊娠線は瘢痕化して白色で、
 光沢のある旧妊娠線となります。
 下腹部のまん中の色素沈着は徐々に消失します。

出産後の体の変化は、女性として気になるところですが、
あせらず、ゆっくりと回復をしてくださいね!



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. 着床出血とは  [ 着床出血とは ]   2007年02月22日 03:14
着床出血とは受精卵が子宮内膜の中へ潜り込むときに起こる現象で、少量の出血を伴います。着床出血が起こるのは、排卵日から数えて約1週間後で、茶色いおりものの形で現れます。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔