-arms-生まれた時と同じ身長と体重で作るテディベア★オーダーメイドベア★ピュアホワイト
ELLE プチギフトビブ キャップ パンツの3点セット(ネイビー)RUSSbabyのエンジェルクリップ付き
トップページ妊娠から出産まで安産祈願で有名な、水天宮。

妊娠から出産まで

安産、子授けのお宮として親しまれ、
遠方からも参拝者が訪れるのが、水天宮です。

その発祥は、約700年前にさかのぼります。

安徳天皇一族を祀るために、
九州・筑後川のほとりに小さな祠を建てたのが、
水天宮の起源とされています。

その後、有馬忠頼公により、
現在の久留米市瀬下町に壮麗な社殿が造られました。

東京・日本橋にある水天宮は、
1818(文政元)年、
参勤交代により江戸詰めをしていた第九代頼徳公が、
久留米から分霊し、
江戸屋敷内(現在の港区にあった)に、
水天宮を祀ったことに始まります。

当初は、今とは違い、
一般の人はお参りできなかったのですが、
江戸の人々の信仰が高まり、
塀越しに賽銭を投げ込む人が後を絶ちませんでした。

そのため、
毎月5日に参拝が許されるようになりました。

ちなみに、安産のお宮として名を広めたのは、
神様をお呼びするためにするために鈴をならすための紐(鈴乃緒)を、
腹帯として使ったら、
とても安産だったからと言われています。
1871(明治4)年、水天宮は屋敷の移転と共に赤坂に移り、
さらに翌年、
現在の日本橋蛎殻町に移転しました。

それまでは寂しい場所でしたが、
水天宮が移ってからは商店が増え、
大変な賑わいをみせるようになっています。

出産の際には、ぜひ水天宮で、
安産祈願をしてみてくださいね!



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔