-arms-生まれた時と同じ身長と体重で作るテディベア★オーダーメイドベア★ピュアホワイト
ELLE プチギフトビブ キャップ パンツの3点セット(ネイビー)RUSSbabyのエンジェルクリップ付き
トップページ妊娠から出産まで腹帯とは?安産にまつわる、あれこれ。

妊娠から出産まで

腹帯を巻き、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、
妊婦さんが、安産祈願をする風習が、
日本には古くからあります。

でもなぜ戌の日なのか?
犬と何か関係があるのか?
腹帯の正しい巻き方があるの?
など、あれこれ出産にまつわる疑問が残ります。

そもそも、12日に1度「戌(いぬ)の日」があります。
たくさん子を産み、そのうえ、
お産が軽い犬は、
昔から安産の守り神として人々に愛されてきました。

それにあやかり、
12日に1度訪れる戌の日に、
ママと赤ちゃんの出産の無事を願い、
安産祈願を行うようにようになったと言われています。

また、犬は外敵から人を守ってくれるシンボルとも考えられ、
あらゆる魔物から赤ちゃんを守ってくれる、
そんな呪術的な意味もあるそうです。

皇室においても、出産の際に、
安産を願う帯祝いが行われています。
妊娠5ヶ月目の最初の大安の日に帯の御祓いをし、
戌の日に「内着帯の儀」が行われます。
そして、9ヶ月目の戌の日に「帯祝い」と同様に、
安産を願う儀式「着帯の儀」が執り行われるそうです。

「帯祝い」は、戌の日に腹帯(岩田帯)をおなかに巻く習わしを言います。
地方によっては「酉の日」に帯祝いを行ったり、
5ヶ月目ではなく、3、6、7、9ヶ月目に行うなど、
時代や地域によって、
出産にまつわる風習や習慣にも違いがありますが、
安産を願う気持ちは昔も今も変わらないようです。



出産のあれこれ。妊娠から出産祝いは、こうします。
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔